北大SSP2期生の研究成果が国際学術誌より出版

北大SSP2期生の研究成果が国際学術誌より出版

人工衛星を用いたコーヒーさび病のモニタリングに関して研究を行っていた勝濵君らの論文が、英国の英文学術誌(Remote Sensing Letters)より出版されました。

タイトル:Discrimination of areas infected with coffee leaf rust using a vegetation index

本研究はコーヒーさび病のモニタリング手法として新規性が高く、他植生や作物への応用も期待できる内容です。

以下のリンクからオンライン出版のサイトへアクセスすることができます。

https://doi.org/10.1080/2150704X.2018.1519269

wpmaster

Leave a Reply