SSP+の選考では、応募者の方との面談と紙面記述式の課題を行います。

面談では、応募者のやりたいこととSSP+の活動がマッチしているのかの判断をするのが主な目的です。

紙面記述式課題は、応募者の方の持っている科学の知識を活用しながら、論理的思考力や創造力などの能力をアピールしていただくものになります。

その後、選考結果を応募者の方にメールでご連絡いたします。

【2020年度の紙面記述式課題の例】

2020年度_過去問